Due to the rapid spread of the new coronavirus, the number of patients visiting the fever outpatient department of hospitals is increasing rapidly, and Hachioji City, Tokyo, has begun to move to increase the number of practitioners who can handle coronavirus.

The number of Omicron strains has expanded rapidly, and the number of patients visiting the fever outpatient department of hospitals for medical examinations and tests has increased rapidly, and the fever outpatient department is becoming tight.



Under these circumstances, Hachioji City, Tokyo, held an online seminar in which hospital doctors told about the characteristics of Omicron strains and how to deal with them, in order to seek the cooperation of practitioners who have not dealt with corona.



More than 100 people, including practitioners in the city, participated in the seminar.



A doctor from a hospital that has dealt with corona became a lecturer and explained, "In my experience, if you thoroughly disinfect your hands and fingers, you will hardly get infected. You do not need to prepare new protective clothing, and you can handle it with existing resources." Did.



The practitioner who participated asked, "It is expected that the number of patients will increase further in the future, but what should we do when we are rushing to the clinic?" It is necessary for the entire region to cooperate and respond to each other. "



Dr. Takao Arai, who held the seminar, said, "With the number of infected people increasing rapidly, we are in a phase where all clinics will need to respond to corona. It won't be. "

Practitioner “I want to be useful but also worry”

セミナーに参加した東京 八王子市の開業医は、新型コロナの診察に対応しようと準備を進めています。



ただ、その中でも「自分が感染したら、診療所が立ちゆかなくなる」と複雑な気持ちもぬぐえないといった声も聞かれました。



八王子市内にある亀谷診療所は、一般外来と訪問診療を行っています。



亀谷学院長はこれまで、発熱など新型コロナが疑われる症状がある患者は、発熱外来を行っている病院を紹介してきました。



しかし、感染が急拡大し、病院の発熱外来にも患者が急増していることから、今後、発熱などの症状がある患者も診察しようと考えたということです。



新型コロナ患者の診察を始めるにあたって、亀谷院長は、抗原検査キットや防護ゴーグルを新たに購入して備えを始めています。



なんとかコロナ対応で役に立ちたいと思う一方で、心配なこともあるといいます。



それは、診療所の常勤の医師は亀谷院長1人だけ。



仮に発熱患者から院長やスタッフに感染すれば、診療所を閉めざるを得なくなるということです。



診療所での感染対策を徹底しようと、スタッフ全員にマスクや防護ゴーグルを着用してもらうほか、換気扇を2か所に増設するなど、できるかぎりの対策を取ろうとしています。



亀谷院長は「感染の勢いがこれだけ増えている中、現場の第一線にいるので、逃げることはできないと思います。ただ、自分が感染し、診察できなくなると診療所が立ちゆかなくなるという不安はあります。それでも患者さんや、その家族を守り、自分たちも最大限守って医療を続けていくことが大事な使命だと思って進めていきたい」と話していました。

Keywords: