今月行われた大学入学共通テストの問題が試験中に撮影されて外部に送られ不正が行われた疑いがある問題で、警視庁が画像を詳しく分析したところ、会場で問題用紙が動画として撮影されたあと、10枚以上の静止画の状態にして送信された疑いがあることが分かりました。警視庁は偽計業務妨害の疑いで関わった人物の特定を進めています。

今月15日と16日に行われた大学入学共通テストのうち、初日の15日の午前中に行われた「地理歴史」の中の世界史の問題用紙が試験中に撮影され、インターネットを通じて外部に送られていたことが分かりました。



家庭教師紹介サイトを通じて依頼を受けた東京大学の2人の学生が共通テストの問題とは知らずに解答したということですが、警視庁が大学生に送られてきた試験問題の画像を詳しく分析したところ、試験会場で動画として撮影されたあと、10枚以上の静止画の状態にして送信された疑いがあることが、関係者への取材で分かりました。



試験会場で何度もシャッターを押すと周りが気付く可能性があり、動画を撮影できるカメラが付いた小型の端末が使われたとみられるということです。



警視庁は偽計業務妨害の疑いで関わった人物の特定を進めています。

Keywords: