27日夜遅くから28日朝にかけ、沖縄県沖縄市にある警察署の周辺に若者が集まり、一部が石を投げて署の窓ガラスを割るなどしました。


27日未明に市内で起きたバイクの事故をめぐり、乗っていた少年が警察官に殴られて大けがを負ったなどとする、ネットで拡散した情報を見て集まったとみられ、警察が被害の状況を確認しています。

27日午後11時ごろから沖縄市にある沖縄警察署の周辺に多数の若者が集まり、一部が石を投げて玄関の窓ガラスを割ったり、駐車している車両を棒でたたいたりしました。


警察は機動隊を出して警戒にあたるとともに、署の敷地内に入ってきた一部の若者に立ち去るよう警告し、28日午前4時半ごろには若者たちの姿は見えなくなりました。


この騒動でけが人はいませんでした。



警察によりますと、そのおよそ1日前の27日午前1時15分ごろ、徒歩でパトロール中の警察官とバイクが接触し、バイクが走り去りました。


消防によりますとおよそ5分後に、バイクに乗っていた17歳の少年から「事故を起こし、顔にけがをした」などと通報が入り、少年は病院に搬送されましたが、右目に大けがをしました。


また、警察官は右腕に軽いけがをしたということです。



この事故をめぐってネット上に「少年が警察官に警棒で殴られて失明した」などとする情報が拡散していて27日、警察署の周辺に集まった複数の若者がこの情報を見たと話していました。


警察は窓ガラスや車両などの被害の状況を確認しています。

Keywords: