25日夜、三重県四日市市の路上で、50代の会社員の男性と、一緒にいた40代の女性の2人が刃物で切りつけられ、男性が死亡、女性がけがをしました。事件直後にはストーカー規制法にもとづき、2人へのつきまといなどを禁止する命令が警察から出されていた、男性の元同僚のアパートの部屋から火が出て元同僚が遺体で見つかり、警察が関連を捜査しています。

25日夜10時20分ごろ三重県四日市市三重の路上で、桑名市の会社員伊藤信幸さん(54)と、一緒にいた40代の女性の2人が、何者かに刃物で切りつけられました。



警察によりますと、伊藤さんは頭を複数か所切られて搬送先の病院で死亡し、女性も背中や腹などにけがをしました。



警察は事件後、女性が「以前、ストーカーの被害にあった男性に襲われた」と証言したことから行方を捜していましたが、およそ30分後、現場から10キロほど離れた四日市市内にある男性のアパートの部屋から火が出て、1人が遺体で見つかったということです。



警察によりますと、この部屋に住んでいたのは伊藤さんの36歳の元同僚で、26日午後、遺体は本人と確認されました。



元同僚にはストーカー規制法にもとづいて今月、2人へのつきまといなどを禁止する命令が警察から出されていたということで、警察が事件との関連を捜査しています。

警察には合わせて5件 相談が寄せられていた

警察によりますと、亡くなった伊藤さんやけがをした女性からの、元同僚のストーカー行為などに関する相談はおととし11月以降、合わせて5件、警察署に寄せられていたということです。



このうち女性からの相談は4件、伊藤さんからの相談は1件で、警察が今月14日に、ストーカー規制法にもとづいて、2人へのつきまといなどを禁止する命令を出して以降は相談はなかったということです。



三重県警察本部人身安全対策課の奥野英人次長は「現時点では所要の措置を講じてきたと考えているが、重大な結果が起こったことは重く受け止めなければいけない。引き続き、当事者の意向に沿ったきめ細かい対応で、事案がなくなるよう取り組む」と話しています。

Keywords: